本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > バルトロメ関

バルトロメ関

                                 -1619年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


キリシタン殉教者。=パルトロメオ関
ドミニコ会宣教師を匿った廉で処刑されました。



ドミニコ会宣教師の宿主


バルトロメ関は豊後臼杵の出身で、長崎に住んでイエズス会の司祭たちの従者をしていました。ドミニコ会宣教師ジョアン・デ・サント・ドミンゴアンヘル・フェレール・オルスッチが潜伏していた家の五人組の一人でした。

西坂殉教地

宣教師が摘発された際に、五人組の連帯責任で長崎奉行所に逮捕され、1619年11月27日、西坂で他の10人(いずれもロザリオ会員)と共に斬首され殉教しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>