本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > レオン助右衛門

レオン助右衛門

                                 ?-1622年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


西坂で斬首されたキリシタン。
平山常陳事件で平戸に連行され、1622年8月19日処刑されました。



平山常陳事件に関係して


平戸

レオン助右衛門は平山常陳の船で掌帆長を務めていた人物で、二人の宣教師を積み荷の間に隠して日本に入国させようとした平山常陳事件で逮捕され、宣教師が乗船していることを知らなかったにも関わらず、西坂で他の乗組員たちと一緒に斬首されました。

レオンはキリシタンで、ドミニコ会のロザリオ信心会に属していました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>