本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > ビセンテ・デ・サン・ホセ

ビセンテ・デ・サン・ホセ

                                 ?-1622年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


元和の大殉教で殉教した修道士。=ビセンテ・ラミレス・デ・サン・ホセ
ペドロ・デ・アビラ神父と共にフィリピンから来日し、長崎近郊で活動していましたが、1年も経たないうちに捕縛されました。1622年9月9日、大村から長崎市中へと護送され、西坂で火刑に処されました。



スペイン生まれの修道士


ビセンテ・デ・サン・ホセはスペインのフェルヴァ地方にあるアヤモンテに生まれました。メキシコに渡ってから、18歳でフランシスコ会に入会し、一年後に誓願を立てました。

1618年ソテロ神父に同行してフィリピンに渡り、1619年にペドロ・デ・アビラ神父と共に来日しました。1620年12月18日にアビラ神父と共に捕縛され、長崎の牢に入れられました。1622年9月9日、大村から長崎市中へと護送され、西坂で火刑に処されました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>