本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > パウロ永石

パウロ永石

                                 ?-1622年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


キリシタン殉教者。=パブロ永石
元和の大殉教で処刑されました。



最古参のドミニコ会士


パウロ永石は宣教師を援助した最古参のドミニコ会伝道士で、「ヌメロ」の組に属するロザリオ信心会員でした。

西坂殉教地

元和の大殉教では日本のキリシタン迫害の歴史の中で最も多くの信徒が同時に処刑されました。その内訳はイエズス会、フランシスコ会、ドミニコ会の司祭9名と修道士と主だった信徒など25名は火刑で、その他の信徒30名は斬首でした。

パウロ永石は長年宣教師を助け同宿として働いていたので火刑に処されて殉教しました。1622年9月10日のことでした。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>