本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > マリア村山

マリア村山

                                 ?-1622年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


元和の大殉教で処刑されたキリシタン。
長崎代官 末次平蔵の姪であり、アンドレス村山徳安の妻でした。



長崎代官の姪


西坂殉教地

マリア村山は、長崎代官で棄教者の末次平蔵の姪であり、前長崎代官 村山等安の長男アンドレス村山徳安の妻でした。自宅にフランシスコ・モラレス神父を匿った廉で、徳安は5年間も牢に入れられた上、1619年にはすべての財産を没収されました。

再三の棄教勧告にも従わなかったため、1622年9月10日、西坂で斬首されて殉教しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>