本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > ガヨ

ガヨ

                                 1571-1624年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


朝鮮半島生まれの殉教者。
イエズス会宣教師の同宿とを務め、宿主となって支えました。



高麗生まれ


ガヨは1571年高麗に生まれました。両親は彼を仏寺に預けましたが、ガヨは完全な徳に至る道を探して洞窟に隠遁しました。1592年朝鮮の役で捕虜となり日本に連行され、キリスト教の方に導かれ受洗。同宿としてイエズス会で奉仕をするようになりました。

1614年の追放令でガヨは日本に留まることができたのにも関わらず、進んで追放者になり、高山右近らと共にマニラに渡りました。しかし右近が翌年の2月15日に帰天したので、再び日本へ戻ることにしました。長崎に戻ったガヨは高麗人の許で住処を見つけ、宣教師の同宿として働きました。

1623年多くの宣教師が捕らえられたとき、ガヨは彼らを訪問しようとして捕縛され、牢に入れられました。1624年11月15日(5日?)、長崎の刑場に連行され火刑に処され殉教しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>