本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > パウロ新助

パウロ新助

                                 1581-1626年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


殉教した日本人修道士=パウロ金助?

西坂の丘



パウロ新助は有馬の浦田出身のキリシタンで、イエズス会士の元で教育を受け、ジェロニモ・デ・アンジェリス神父ペドロ・パウロ・ナヴァルロ神父、そしてフランシスコ・パチェコ神父に仕えてきましたが、1625年12月口之津で、パシェコ神父やペドロ・りんせいと共に捕らえられ、投獄されました。

獄中でイエズス会に受け入れられ、修道生活をして、1626年6月20日西坂で火刑に処されました。殉教した時は45歳でした。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>