本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > フランシスコ九兵衛

フランシスコ九兵衛

                                 ?-1627年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


キリシタン殉教者。
牢内で洗礼を受けてキリシタンになりました。



韓国人ガスパルの友人


フランシスコ九兵衛は筑後に生まれた人で、ガスパル・バスの友人でした。ガスパルが長崎で家を買うときに名前を貸し、その家が修道者を匿ったり、宣教師の巡回を迎えるために使われたりしたため、神父が捕縛された際、九兵衛も後で宿主として逮捕されました。

九兵衛は牢内で洗礼を受けてキリシタンになり、霊名フランシスコを受けました。

1627年8月17日フランシスコは、フランシスコ・デ・サンタ・マリア神父とフランシスコ修道士2人、信徒を合わせた総勢11人の一人として、西坂で火刑に処され殉教しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>