本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 205福者殉教者 > ミゲル木内太左衛門

ミゲル木内太左衛門

                                 ?-1630年


1867年に列福された205名の殉教者の一人


キリシタン殉教者。
アウグスチノ会の同宿でした。



放虎原で殉教


放虎原殉教地


ミゲル木内太左衛門は古賀生まれのキリシタンで、迫害のとき山や森に隠れて多くの不便と苦労を経た後、妻子を安全な所においてからアウグスチノ会の同宿となりました。バルトロメ・グティエレス神父の下で働いていましたが、1629年神父と共に捕らえられ、神父とは別の牢に入れられました。

ジョアン庄三郎とミゲル木内、トマス寺井ペドロ九兵衛ロレンソ八造マンショ清左衛門は奉行が江戸に行っているときに捕らえられ、同じ牢に入れられていたのですが、奉行が帰ってきてすぐの1630年10月28日処刑命令が出されました。

その知らせを聞くと彼らは跪いて神に感謝し、牢内にいる人たちに別れを告げました。刑場に引かれていく間も熱烈に神の教えを説いたため、役人が口に綱を通しました。放虎原で斬首され殉教しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                         NEXT >>