本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャン > 麻生太郎

麻生太郎(あそう・たろう)

                                 1940-年


第92代内閣総理大臣


第92代内閣総理大臣を務めた政治家。
カトリックの信徒で、洗礼名はフランシスコです。



吉田茂の孫


麻生太郎は1940年、福岡県飯塚市に麻生太賀吉・和子の長男として生まれました。母 和子は吉田茂の三女で、祖父母の代からカトリックです。麻生塾小学校を経て、小学3年生の頃上京し、学習院初等科に編入。 鈴木善幸元首相の三女千賀子と結婚しました。

洗礼名フランシスコを持つカトリック信徒ですが、靖國神社への参拝も行っており、神道政治連盟からの支援も受けています。2009年(平成21)年には、神道政治連盟国会議員懇談会の名誉顧問に就任しました。


教皇ベネディクト16世と謁見


一方で、内閣総理大臣であった2009(平成21)年7月7日、バチカンを訪れてベネディクト16世と謁見。「1954年に私の母方の祖父である吉田茂総理が歴代総理の中で初めて法王にお会いした、法王台下に我が国総理として初めてお会いすることができ、光栄である、11億人のカトリック信者を背景に、独自の外交力を有する貴国と、国際情勢の安定や、人類共通の問題の解決に向けて、協力したい」旨を述べました。

これを受けて、法王ベネディクト16世は「カトリックの家系である貴総理と会えて嬉しい、日本社会が宗教に対して開かれていることは喜ばしい」旨を述べ、続いて、「世界経済危機により影響を受けている国々への支援やアフリカをはじめとする開発問題の解決に向けて日本の貢献に期待している」旨の発言があったと外務省から発表されました。

2019年のフランシスコ1世来日の際にも、副総理として臨席。安倍総理から「教皇と同じ『フランシスコ』の洗礼名を持つ人だ」と紹介されました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                            「クリスチャン」に戻る>>