本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 土井辰雄

土井辰雄 (どい・たつお)

                                 1892-1970年


日本人初の枢機卿


大正から昭和期にかけて活躍した日本のカトリック教会司教 。
日本人で初めて枢機卿に任ぜられました。



初代日本人大司教として


土井辰雄は1892年、宮城県仙台市に生まれ、1902年に洗礼を受けカトリックのクリスチャンになりました。仙台第一中学(現・宮城県仙台第一高等学校)・第二高等学校(旧制)を卒業後、ローマのウルバノ大学に留学し、神学・哲学の学位を得て帰国。1921年司祭叙階されました。

宮城県や岩手県で司牧した後、在京ローマ教皇使節秘書として勤務。パリ外国宣教会によって司牧されていた東京大司教区が1937年に邦人教区として独立した時、初代日本人大司教として東京教区長に任命されました。第二次世界大戦下の国内のカトリック教会をまとめ、軍部による迫害から守ることに尽力。

戦後、1960年に教皇ヨハネ23世によって日本人初の枢機卿に選ばれ、1967年には日本カトリック司教協議会会長に就任。1970年77歳で亡くなり、東京カテドラル聖マリア大聖堂に葬られました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                          「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>