本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 海老名弾正

海老名弾正 (えびな・だんじょう)

                                 1856-1937年


熊本バンドの一人として「奉教趣意書」に署名


明治・大正期のキリスト教の代表的指導者。
熊本バンドを代表する一人で、東京で伝道活動をして本郷教会(現・弓町本郷教会)を創立しました。


熊本バンドの代表格


海老名弾正は1856年、筑後国柳川藩の藩士の長男として生まれ、熊本洋学校に学びました。1876年、洋学校の生徒35名は熊本郊外の花岡山で「奉教趣意書」に署名し、ここに「熊本バンド」と呼ばれる明治キリスト教三大潮流を形成したのですが、海老名弾正はその一人として加わりました。この時に署名をした人物には、横井時雄浮田和民金森通倫徳富蘇峰らがいます。

L.L.ジェーンズから洗礼を受け、同年秋、同志社神学校に移り新島襄の元で教育を受けました。1877年、新島襄の勧めで上州安中に伝道に行き、同志社卒業後、安中教会の設立に伴い牧師となりました。1884年には前橋に転居し、前橋教会を創立。また東京伝道を進めるため、1886年本郷湯島で伝道を開始し、吉野作造をはじめ多くの青年に影響を与え、本郷教会を創立しました。

また郷里の熊本に熊本英学校、熊本女学校を創立し、1890年日本基督教伝道会社の社長に就任。1893~1897年には神戸教会の牧師を務め、1920~1928年は同志社大学総長に就任。海老名の神学は進歩的・自由神学的の強い影響を受けており、正統主義信仰の植村正久と論争して注目を集めました。

海老名の思想は、神道的キリスト教と呼ばれることもあり、これを実践したのが朝鮮植民地伝道をした渡瀬常吉といわれています。




インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                         「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>