本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 原敬

原敬 (はら・たかし)

                                 1856-1921年

第19代内閣総理大臣


第19代内閣総理大臣を務めた政治家。

横浜天主堂のラテン学校に学び、カトリック宣教師J.M.マランから受洗しました。生涯に亘り爵位の受け取りを固辞し続けたため「平民宰相」と呼ばれました。1921年東京駅丸の内南口コンコースにて、大塚駅の駅員であった右翼青年・中岡艮一に襲撃され、殺害されました。










インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                        「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>