本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 井上洋治

井上洋治 (いのうえ・ようじ)

                                 1927-2014年


遠藤周作と親しかった


「風の家」を主宰したカトリック司祭。
作家の遠藤周作と親交があったことで知られています。


「風の家」を主催


井上洋治は1927年神奈川県で生まれ、1950年東京大学文学部哲学科卒業と同時に渡仏し、カルメル会修道院に入会。リヨン大学、リール大学で哲学、神学を学び、1960年、東京教区の司祭となりました。

1986年から日本人の心情でイエスの教えをとらえようとする「風の家」を主宰。門下生からは日本のキリスト教界に大きな影響を与える人物が輩出されました。「南無アッバ」「おみかぜさま」など、日本人の心に合うキリスト教の在り方を模索した功績は大きく、その分野において遠藤周作と双璧をなすと言っても過言ではありません。

2014年3月8日、脳内出血のため東京都西東京市の病院で死去。多くの著書も残しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                        「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>