本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 金森通倫

金森通倫 (かなもり・つうりん)

                                 1857-1945年


熊本バンドの一人


明治・大正・昭和期の牧師で神学者。=ポール・カナモリ。

1872年、熊本洋学校の第二期生として入学し、L.L.ジェーンズの影響を受け、1876年に花岡山で「奉教趣意書」に署名。 同年、同志社に入学し、新島襄から受洗しました。1880年にはアメリカン・ボード宣教師の協力を得て創立された岡山教会の初代牧師に就任。 一時、教会を去って実業界、政界に身を投じた時期もありましたが、やがて復帰して巡回伝道者となり、救世軍、ホーリネス教会などを遍歴しました。



生まれは肥後国


金森通倫は1857年、肥後国玉名郡小天本村(現・熊本県玉名市)に、金森繁蔵の次男として誕生。同志社に学び、1886年同期生の横井時雄に続いて同志社に教師となりました。 病弱な新島校長に代わって1887同志社教会牧師、1888同志社社長代理、1889同志社社長に抜擢され、新島の後継者としての地位を確立しました。

しかし 1890年、新島が死去すると、新島が残した遺言書に金森の性格や人格に係わる事柄を言及していたため、金森ではなく、山本覚馬が臨時社長に据えられるようになり、小崎弘道が社長に就任しました。その結果金森は同志社を追われ、1890年東京番町教会牧師となるも、翌年辞任しました。

1892年、「日本現今之基督教並ニ将来之基督教」を著し、新神学の旗手となったため、日本組合基督教会を脱会。自由党に入党しましたが、その後脱党。三井鉱山、武相鉄道等の実業に従事したこともありました。

1912年、妻の没後、回帰して組合教会に復帰しましたが、1914年に山室軍平の救世軍入隊。 また1927年には中田重治の東洋宣教会日本ホーリネス教会に入会し、「神・罪・救」の三綱領を説く「金森伝道」を展開し積極的に活動をしました。しかし1933年、救世軍もホーリネス教会からも脱会して、湘南の嶺山に隠居して洞窟生活を送り、今仙人と称された生活後、福島県郡山で没しました。享年89歳。




インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                          「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>