本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャン > 幸田露伴

幸田露伴 (こうだ・ろはん)

                                 1867-1947年


文語体小説を確立


日本を代表する小説家の一人。本名は成行(しげゆき)。
『五重塔』『運命』などの文語体作品で文壇での地位を確立し、第1回文化勲章受章しました。



「紅露時代」と呼ばれる時代を築く


幸田露伴は1867(慶応3)年、東京の下谷に生まれました。父は幕臣の幸田成延(しげのぶ。利三とも)で、成延が1884(明治17)年、下谷教会の牧師であった植村正久から受洗したことで、幸田家は露伴を除いて全員が受洗。クリスチャンに囲まれて暮らすこととなりました。

きょうだいは、長兄の成常は実業家で、次兄の成忠は海軍軍人、弟の成友は歴史家で、妹のはピアニストでバイオリニスト、同じく妹の幸(こう)もバイオリニストです。

露伴は1893年、谷中天王寺をモデルとする『五重塔』を発表して一躍小説家として名を上げ、同世代の尾崎紅葉とともに「紅露時代」と呼ばれる黄金時代を築きました。

露伴は数え年29歳の時に山室幾美(きみ)と結婚。よき理解者である幾美との間に、長女歌、次女、長男成豊が生まれましたが、幾美は1910(明治43)年にインフルエンザで死去。2年後にキリスト教徒の児玉八代(やよ)と再婚しました。

八代は中田重治と親しかったことから露伴宅で子ども会が時折開催され、キリスト教の話が子どもたちに伝えられることがありました。露伴は1937(昭和12)年、第1回文化勲章を授与され、1947年(昭和22年)に死去。

1897(明治30)年から約10年間住んでいた「向島蝸牛庵」は、登録有形文化財に指定され、博物館明治村に移設保存されています。




インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                              「クリスチャン」に戻る>>