本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 小崎弘道

小崎弘道 (こざき・ひろみち)

                                 1856-1939年


熊本バンドの代表格


熊本バンドの代表格の一人で、明治・大正期するキリスト教指導者。
東京YMCAを結成し、その会長となりました。



同志社総長


小崎弘道は1856年、熊本藩士小崎次郎左衛門の子として生まれ、1876年熊本でL.L.ジェーンズの感化を受け、1876年に受洗。その後同志社に学びました。1885年には東京に霊南坂教会を設立。植村正久本多庸一らと共に東京基督教青年会(YMCA)を組織し、その会長となりました。

1890年には同志社総長となり、言論界にも「六合雑誌」を通じて目覚しい活躍をみせました。日露戦争については、海老名弾正らと主戦論を唱え、軍隊へ慰問団を派遣するなどしました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                          「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>