本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 宮川経輝

宮川経輝 (みやかわ・つねてる)

                                 1857-1936年


熊本バンドのメンバーの一人


熊本バンドのメンバーの一人で、日本組合基督教会の指導者。
海老名弾正、小崎弘道と共に組合教会の三元老の一人と言われました。



大阪と朝鮮で積極的に活動


宮川経輝は1857年肥後国阿蘇に生まれ、熊本洋学校に入学してL.L.ジェーンズの薫陶を受け、1876年学友と一緒に奉教趣意書にサインしてキリスト者として生きることを決心。洋学校の閉校に伴い、金森通倫らと開校したばかりの同志社に入学しました。1879年同志社卒業後、同志社女学校の教頭に就任。1881年には加藤勇次、伊勢時雄と共に、女子教育社を設置しました。

1882年大阪基督教会の牧師になり、同年、大阪基督教徒青年会(大阪YMCA)初代会長に就任。1883年に沢山保羅から按手礼を受け正式に牧師になりました。1886年泰西学館を設立。内村鑑三を教師として招聘しました。

1904年日露戦争が始まると調査団として朝鮮に渡り、在韓日本人を伝道。本多庸一ともしばしば一緒に戦地の軍隊を慰問しました。1910年組合教会で朝鮮伝道部を設けて、渡瀬常吉と共に活動に従事。これらの活動が評価されて1921年にオベリン大学より名誉神学博士号が授与されました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                        「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>