本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 新渡戸稲造

新渡戸稲造 (にとべ・いなぞう)

                                 1862-1933年

「我、太平洋の架け橋とならん」


第一高等学校校長、東京帝国大学教授などを務めた教育者。

札幌農学校2期生の時に入信し、M.C.ハリスから受洗。米国留学時にクェーカーの会員になり、帰国してからはキリスト教主義校の設立を支援しました。国際連盟事務次長に就任し、平和活動を推進しました。1933年国際会議出席のため訪れたカナダで逝去しました。




新渡戸稲造は1862年、盛岡藩勘定奉行新渡戸常訓の子として生まれました。1877年、札幌農学校第2期生の時、内村鑑三らとともにキリスト者となり、「キリスト者の盟約」に署名しました。 卒業後、東大文学部に進み、ジョンズ-ホプキンズ大に留学。

帰国後の1887年、札幌農学校助教授となり、ドイツへ留学して、法学・農業経済を研究して帰国。 札幌農学校教授、台湾総督府技師、京大教授を経て、1906~13年には)一高校長として学生に深い人格的影響を与えました。

1914年、東大教授となり、植民政策講座を担任。1918年には東京女子大初代学長となりました。また1919~26年の間、国際連盟事務次長として活躍しました。1933年カナダの太平洋調査会の国際会議に出席中病没。

クエーカー教徒として、国際平和を主張し続け、「友徒の特色」を著し、戦争に反対して国際紛争を平和的仲裁によって解決すべきであると解き、 また太平洋の橋になるという青年時代に抱いた希望を実践し、その生涯を国際平和のために献げました。主著には「農業本論」、伝統的な日本精神を紹介し他国に共感を得た「武士道」などがあります。




インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                        「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>