本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャン > 奥野昌綱

奥野昌綱(おくの・まさつな)

                                 1823-1910年


日本人で初めてのキリスト教牧師


日本で最初の牧師の一人。

横浜バンドの中心的メンバーで、宣教師たちから「サムライ・クリスチャン」と呼ばれました。
小川義綏と共に日本基督公会(現・日本キリスト教会横浜海岸教会)の長老となり、のちに2人一緒に按手礼を受けて日本で最初の牧師となりました。


横浜バンドの中心的メンバー


奥野昌綱は1823年(文政6)年、下級武士の家の三男として江戸で生まれました。昌平坂学問所に通い四書五経を修め、輪王寺宮御家司の養子になり、輪王寺宮の納戸役にまで昇進しました。その後輪王寺宮は朝敵とされたため、奥野は輪王寺宮と決別しました。

1872(明治5)年に奥野の娘婿の友人 小川義綏の誘いでJ.C.ヘボンの日本語教師となり、『和英語林集成』第二編の編集を手伝い、ヘボンが上海に出張すると、S.R.ブラウンを助けて、1872年に始まった文語訳聖書の翻訳に協力しました。

やがてヘボン邸やJ. バラ邸で行われていた日曜礼拝に参加するようになり、ある日バラの「ペテロの拒絶」という説教を聞いて心動かされ、受洗の決意を固めました。そしてその年、49歳でS.R.ブラウンより洗礼を受けました。


受洗後の活躍


ヘボンやバラを助けて、賛美歌の翻訳や編集に携わった後、1873(明治6)年からは小川と一緒に日本で初めてのプロテスタント伝道旅行を開始。1877(明治10)年、東京一致神学校に入学した会員を中心に麹町教会が設立されると、奥野は仮牧師に任命されました。

1878(明治11)年に、小川と一緒に按手礼を受けて、日本で初めてのキリスト教牧師となりました。そして東京・大阪・横浜の教会を牧会。1888(明治21)年の『新撰讃美歌』の成立に大きく寄与しました。晩年は巡回教師になって活動し、死去するまで日本各地で伝道旅行をしました。

1910(明治43)年12月12日死去。88歳でした。




インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                              「クリスチャン」に戻る>>