本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 竹越與三郎

竹越與三郎 (たけごし・よさぶろう)

                                 1865-1950年

明治から昭和期の史学評論家


明治・大正・昭和期の史学評論家、政治家。=竹越与三郎。

1865年埼玉県本庄に生まれ、慶応義塾中退後言論界に入り、大阪公論、時事新報、国民新聞の記者を歴職。この間「新日本史」などを著して政治家の知遇を受け、1896年雑誌「世界之日本」の主筆となりました。
1898年、伊藤内閣下で文部省勅任参事官となり、翌年渡欧して各国を視察。1902年からは衆議院議員に当選五回し、1923年には貴族院議員、1940年に枢密顧問官に任ぜられるなどしました。その傍ら著書を著し日本経済史学を確立する一礎石としました。

徳富蘇峰、山路愛山らと親交があり、終始在野精神を堅持しました。妻は婦人運動家の竹越竹代。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                       「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>