本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 内村鑑三

内村鑑三 (うちむら・かんぞう)

                                 1861-1930年

「余は如何にして基督信徒になりし乎」


明治・大正期のキリスト教の代表的指導者。

新渡戸稲造らと共に札幌農学校に学びクリスチャンとなり、米国留学後、伝道生活に入り「余は如何にして基督信徒になりし乎」などを著わしました。また足尾銅山事件で財閥を攻撃し、日露戦争には反戦論を展開。特定の教派・神学を持たず、聖書のみもとづく信仰「無教会主義」を唱えて、学問的聖書研究と福音主義的思想を形成し、多くの人に影響を与えました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                        「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>