本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 山路愛山

山路愛山 (やまじ・あいざん)

                                 1865-1917年

「國民雑誌」主筆


明治期に活動した評論家でジャーナリスト 。

「国民新聞」や「国民之友」などに史論・評論を発表した評論家、史論家にしてジャーナリスト。メソジスト静岡教会に通い、平岩愃保(ひらいわ・よしやす)牧師から受洗。田島たねと麻布メソジスト教会で結婚しましたが、晩年はユニテリアンに近づきました。

本名は彌吉ですが、静岡の愛鷹山にちなんで愛山と号しました。










インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                      「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>