本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > クリスチャンと影響を受けた人々 > 山室軍平

山室軍平 (やまむろ・ぐんぺい)

                                 1872-1940年

日本救世軍の創立者


明治・大正・昭和期の伝道者で、日本救世軍の創立者。

岡山県の農家に生まれ、上京して印刷工となり、キリスト教の街頭伝道に触れて入信。新島襄を慕って同志社に学びました。廃娼運動、禁酒運動などを通して社会福祉の向上に大きな貢献をしました。歳末風物詩として知られる日本救世軍の「社会鍋」は山室軍平のアイデアによるものです。

キリスト教の福音を下層労働者、一般庶民に現実的方法によって伝えようとする活動を展開しました。



岡山県に生まれて


山室軍平は1872年、岡山県阿哲郡哲多町(新見市)に山室佐八、登毛の三男として生まれました。貧しい農家であったため、幼少期に養子に出されましが、出奔して山室姓に戻り、上京して活版工となりましたる。教会主催の英語学校で学び、キリスト教に触れ、キリスト教に入信。築地伝道学校、同志社大学神学部で苦労して学びました。

1891年の濃尾地震の時には、同郷の石井十次と協力して孤児救済のための活動を行い、1894年健康を害したことや自由主義神学への反発から大学を中退し、石井らとともに旧メソヂストの高梁教会などで伝道活動を行いました。1895年、英国救世軍の来日を機に、日本最初の士官とまって日本救世軍の創設発展に尽力。 救世軍パンフレット「鬨の声」や、「平民の福音」を刊行しました。

1900年には娼妓運動を開始し、労働紹介所の設置、歳末慈善事業の「社会鍋」を開始し、同時に児童虐待防止運動や結核療養、婦人・児童保護、貧困者医療など社会福祉事業に携わりました。また救世軍ブース記念病院、救世軍療養所を開設。1907年救世軍万国司令官ブース大将来日時には通訳を務め、日本救世軍書記長官に任命されました。1924年、勲六等瑞宝章を受章。1937年には救世軍より創立者賞を受賞しました。民衆の説教者として各地を伝道して回りました。主な著書に「救世軍略史」などがあります。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                       「クリスチャンとキリスト教関係者」に戻る>>