本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 来日した宣教師 > ガスパル・ヴィレラ

ガスパル・ヴィレラ

                                 1525-1572年

ミヤコを開拓した宣教師


イエズス会宣教師。=Gaspar Vilela
京都であばら家を借りて布教し始め、のちに教会を建てるところまで果たしました。



ミヤコの伴天連


ガスパル・ヴィレラは1525年頃、ポルトガルのアヴィシュに生まれたといわれています。イエズス会に入会後1551年インドのゴアで叙階され、1554年に日本へ出発しました。1556年イエズス会インド副管区長ヌーネス・バレトとともに九州豊後に上陸し日本での布教を開始。

1558年からはガーゴ神父にかわり平戸地区を担当し、約1500人に洗礼を授けましたが、仏教徒と対立し府内に移るようになりました。1559年危険な山道を坂本から比叡を越えて修道士ロレンソらと都へ入り、あばら家を借り布教を始めました。

将軍足利義輝に謁見しキリスト教宣教の許可を得て四条坊門に、都で初めての教会を建てました。1565年、義輝が殺されると堺に逃れ、以後は畿内、豊後、平戸、堺などで宣教しました。1570年インドに去り1572年ゴアで没しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                   来日した宣教師一覧へ >>