本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 来日した宣教師 > ルイス・デ・アルメイダ

ルイス・デ・アルメイダ

                                 1525頃-1583年


医師から貿易商、そして宣教師へ


リスボン生まれのイエズス会宣教師。=Luís de Almeida

元々は医師で、貿易のために来日しましたが、そこで目にしたイエズス会宣教師の奮闘を見て心を動かされ、イエズス会に入会。貿易で儲けた財産を寄付して豊後(大分県)医療奉仕をしました。マカオで司祭になって日本に戻り、没するまで宣教に尽くしました。



ポルトガルに生まれたユダヤ人


ルイス・デ・アルメイダは1525年ごろリスボンで生まれました。両親はユダヤ人だったと伝えられています。1546年ポルトガル王から医師免許を得て、ゴアからマカオに来るようになり、1552年貿易目的で来日しました。

その後日本とマカオ間の貿易で財をなしましたが、山口でコスメ・デ・トルレス神父と出会い感動を受け、豊後に乳児院を建てるようになりました。更に領主の大友宗麟 から土地をもらうと、アルメイダはそこに日本初の西洋医学による総合病院を建て、医療奉仕活動を行いました。

貿易によって得た資金を惜しみなく提供し、1558年には医師教育も始め、日本人医師らと協力して先進的な医療と社会福祉を実践しました。1566年には五島の領主 宇久純定の治療にもあたり、五島への宣教が進みました。 1580年、マカオに行き司祭叙階を受けると日本に戻り、宣教師としても活動。多くの知識人たちを改宗させました。1583年10月天草で没し、同地に埋葬されましたが、墓は分っていません。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                   来日した宣教師一覧へ >>