本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 私家版いじん伝 > 来日した宣教師 > バルタサル・ガゴ

バルタサル・ガゴ

                                 1515-1583年


日本に来た宣教師


来日したイエズス会司祭。
1560年にインドに戻ってゴアで死去しました。



キリシタン時代初期の宣教師


バルタサル・ガゴは1515年、ポルトガルのリスボンに生まれました。1546年にイエズス会に入会し、1548年にインドに渡り、1552年日本に派遣されました。

日本では鹿児島、豊後府内を経て、山口で活動し、1553年に再び府内に戻り、翌1554年には豊後朽網(くたみ)地方で宣教。1555年に平戸、1558年に博多に赴任しました。健康を害したため、1560年にインドに戻り1583年ゴアで死去しました。





インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》



                                   来日した宣教師一覧へ >>